ハピネスネット

0722-67-5008

受付時間 10:00〜17:00(土日・祝日を除く)

17時までのご購入で

当日配送

送料・代引手数料無料

当社1年保証付き

安心の赤ロム永久保証

送料無料◆当社1年保証◆赤ロム永久保証◆17時までのご購入で当日発送可能

読み物

【最新】型落ちiPhoneは今が買い?価格の魅力と最適な購入タイミング、さらにおすすめする3つの理由を完全解説!

「型落ちiPhone」とは、新しいモデルの登場により、以前のモデルが最新でなくなることを指します。Appleは毎年新モデルを発表し、それに伴い旧モデルは価格が下がります。 物価の高騰する今、安価で高機能な型落ちiPhoneを選ぶことは非常に賢明です。実際、私自身も中古スマホを愛用しています。 それでは、中古スマホの経験者として、私の体験を踏まえ、型落ちiPhoneの具体的な利点や注意点を紹介します。   型落ちiPhoneを最もお得に購入するタイミングはいつ?   型落ちiPhoneを最もお得に購入するタイミングは、年間を通じていくつかの特定の下記の時期に集中しています。   9月〜 毎年9月ごろには新型iPhoneが発表されます。この新モデルの登場に伴い、市場に出回っている型落ちモデルの価格が通常下がります。このため、9月は旧モデルが値下がりする絶好のチャンスとなります。   1月〜 Appleでは、年始に初売りセールを行うことが多く、この時期も型落ちiPhoneが割引価格で手に入る可能性があります。   3月〜4月 新学期が始まるこの時期には、多くの販売店では、セールやキャンペーンを展開します。これにより、型落ちiPhoneを安価に購入する絶好の機会が訪れます。   また、iphoneモデルによっては、今が買う絶好のチャンスの可能性もあるので、おすすめの型落ちiPhoneモデルからご確認してください。   型落ちiPhoneの魅力とは   型落ちiPhoneの選択には多くの魅力があります。その利点を理解し、購入を検討したい方々に分かりやすく解説したいと思います。 コストパフォーマンスの高さ 型落ちiPhoneの一番の魅力は価格の手頃さです。新しいモデルが登場すると、自動的に前モデルの価格が下がります。このため、最新の機能やデザインに固執しない限り、手頃な価格で高性能なiPhoneを手に入れることができます。特に、予算が限られている方や節約したい方にとって、非常に魅力的です。 安定した性能 Apple製品はその安定した性能で知られていますが、もちろん型落ちiPhoneも例外ではありません。Appleは製品のサポートを長期間続け、ソフトウェアのアップデートを定期的に提供しています。これにより、型落ちモデルでも最新のiOSが利用可能となり、安全で最新の機能を享受できます。これは新しいモデルと比べても遜色のない使い心地であり、やはり非常に魅力的です。   豊富なアクセサリー 長く市場に出回っているモデルほど、対応するアクセサリーが豊富になります。型落ちiPhoneにおいては、保護ケース、スクリーンプロテクター、充電器などのアクセサリーが充実しており、新しいモデルよりも手頃な価格で提供されています。そのため、自分のスタイルに合わせたアクセサリーを選び、iPhoneで音楽やカメラ、SNSなどを存分に楽しむことができます。   型落ちiPhoneは、新品を購入するよりもはるかに経済的でありながら、性能やサポートの面でも優れた選択肢です。これらの理由から、多くの方々に選ばれ続けており、今後もその人気は続くでしょう。型落ちモデルを選ぶことは、賢く、実用的で、費用効果の高い選択と言えるでしょう。   型落ちiPhoneの落とし穴にも注意 型落ちiPhoneを購入する際には、その価格や機能のメリットを享受できる一方で、いくつかの注意点があります。以下では、購入を検討している方々に向けて、注意すべきポイントを丁寧に解説します。   ※購入前に必ずチェックしましょう!   赤ロム、白ロム、アクティベーションロックの確認 赤ロム・白ロムのチェック:赤ロムは通信事業者による使用停止がされている可能性があるため、購入前には必ず確認しましょう。白ロムは正規の方法で使用解除された端末です。 アクティベーションロックのチェック:これは以前の所有者のApple IDでロックされていないかを確認することです。ロックがかかっていると、新しいユーザーが端末を使用開始できません。 SIMロックの状態:特定のキャリアにロックされているかどうかを確認し、必要に応じてアンロックする手続きが必要かどうかを調べましょう。 残債の有無:分割払い中の端末を購入すると、前の所有者が残債を支払い終えるまで使用に制限が出る可能性があります。 https://happinessnet.co.jp/merit1222/ バッテリーの容量と端末の状態 バッテリー容量:中古端末はバッテリーの劣化が進んでいることが多いです。バッテリーの健康状態を確認し、必要に応じて交換の予算を考慮に入れておくことが重要です。 端末の外観と機能:外観の傷はもちろん、ボタンやカメラ、マイクなどの機能が正常に動作するかもテストしましょう。 水没歴の確認 中古端末を購入する際は、水没による隠れたダメージがないかを確認することが重要です。水没は内部の腐食を引き起こし、後に深刻な故障の原因となることがあります。 これらの点に注意を払いつつ、型落ちiPhoneを購入することで、コストを抑えつつも高品質なスマートフォンを手に入れることができます。   おすすめの型落ちiPhoneモデルとは iPhone 13とiPhone 12   価格の魅力:最新モデルであるiPhone 15が約12〜14万円するのに対し、iPhone 13やiPhone 12は価格が10万円を切る場合が多く、非常に手頃です。これらのモデルは、十分な性能を備えつつもコストを大幅に抑えることができるため、多くのユーザーに選ばれています。   iPhone 14シリーズ   最新技術の利用:iPhone 14シリーズは、iPhone 15の発売により型落ちとなりましたが、最新モデルに近いスペックを持っているため、少しでも新しい技術を低価格で利用したい方には最適です。具体的な価格は記事に記載されていないものの、通常、新モデル発売後に価格が下がる傾向にあります。   一般的な価格の下がり方   値下がりの傾向:新モデルの発売に伴い、型落ちや中古モデルの価格は1〜2割近く下がることが一般的です。これにより、特に高価な最新モデルの価格に手が届かないユーザーにとって、型落ちモデルは非常に魅力的な選択肢となります。     型落ちiPhoneの選び方 例えば、私の場合、いろいろ迷ってしまうので、まずは普段の生活でどのように使うかを考えて、自分に合うiPhoneを検討しました。普段はニュース閲覧、YouTube視聴、こどもの写真撮影やSNSで利用しています。リストにまとめると、以下のようになります 機能 重要ポイント 初心者向けのレベル(私の場合) カメラ性能 写真の画質、ビデオ撮影の画質、光学ズーム、ナイトモード、前面カメラ iPhone SE(第2世代)やiPhone 11以上、中程度の画質、ナイトモード付き バッテリー寿命 バッテリー容量(mAh)、充電速度、ワイヤレス充電、省電力モード 一日持つバッテリー寿命、急速充電対応、ワイヤレス充電対応 ディスプレイの品質 画面サイズ、解像度、リフレッシュレート、ディスプレイタイプ iPhone SE(4.7インチ、Retina HD)、iPhone 11(6.1インチ、Liquid Retina HD) パフォーマンス プロセッサ(CPU)、RAM、ストレージ容量 A13 Bionicチップ以上、3GB RAM、64GBストレージ 耐久性と防水性 防水・防塵規格、耐衝撃性能、素材 IP67以上、ガラスとアルミニウムまたはステンレススチール オペレーティングシステムとソフトウェアサポート 最新のOSバージョン、ソフトウェアアップデート、プリインストールアプリ 最新のiOS、定期的なアップデート 接続性 5G対応、Wi-Fiバージョン、Bluetoothバージョン、NFC、デュアルSIM 4G対応で十分、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0、NFC対応 デザインと使いやすさ サイズ、重さ、エルゴノミクス、指紋認証、顔認証 iPhone SE(軽量)、iPhone 11(やや重いがエルゴノミクス良好)、指紋認証または顔認証 価格とコストパフォーマンス 本体価格、維持費、リセールバリュー iPhone SE(手頃な価格)、iPhone 11(中価格) その他の機能 ステレオスピーカー、ヘッドフォンジャック、拡張可能なストレージ、専用機能 ステレオスピーカー、ヘッドフォンジャックなし、iCloudストレージ対応   ポイントとしては、 予算の設定: まず、購入予算を決めてから、その範囲内で最も性能が高く、コストパフォーマンスに優れたモデルを選びましょう。 必要な機能の確認: 自分が最も価値を置く機能(カメラ性能、バッテリー寿命など)をリストアップし、それに最適なモデルを選定します。 バッテリー状態の確認: 中古で購入する場合は、バッテリーの健康状態をチェックし、必要に応じて交換を考慮することが重要です。 保証情報の確認: 購入する型落ちiPhoneがどのような保証条件で提供されているかを確認します。例えば、弊社では、1年間の保証が付いており、17項目に及ぶテストをクリアしたSIMフリーのiPhoneを販売しています。   型落ちiPhoneの利点について詳しくご説明させていただきましたが、伝わりましたでしょうか? 最後になりますが、型落ちiPhoneを選ぶ際は、最新モデルにはない機能が欠けていることやバッテリーの劣化など、いくつかの点をしっかり理解し、自分のニーズに合っているかを考えることが大切です。 購入前にこれらの点をしっかり確認し、最適な選択をしていただくことをお勧めします。   この情報が型落ちiPhoneの選択にお役立ちできれば幸いです。 購入に際して不明点や追加の質問がありましたら、どうぞお気軽に弊社までお問い合わせください。   自分に最適な選択をするための一助となるよう、サポートさせていただきます。

iPhoneにマイナンバーカードが搭載される!これであなたの生活がどう変わるか

  昨日 5月30日の日経ニュースによると、米アップル社は29日(日本時間30日)、スマートフォン「iPhone」に2025年夏までにマイナンバーカードの身分証明書機能を搭載する計画を発表しました。この新機能により、iPhone利用者の日常生活がさらに便利になることが期待されます。こちらで詳細をご紹介します。 スマホにマイナカード機能搭載の紹介   こちらは総務省の資料に掲載されている内容です。スマートフォンにマイナンバーカード機能が搭載された場合の便利な機能について説明しています。     総務省資料より   ✔ 身分証明の簡略化: スマートフォンにマイナンバーカード機能を搭載することで、身分証明が簡単になります。これにより、物理的なカードを持ち歩く必要がなくなり、スマートフォン一台で全ての身分証明が完了します。 ✔ 公的手続きの効率化: 市役所や区役所での手続きが、スマートフォンで簡単に行えるようになります。書類の提出や証明書の発行が、オンラインで迅速に完了するため、時間と労力を節約できます。 ✔ セキュリティの向上: マイナンバーカード機能は、高度なセキュリティ対策が施されており、個人情報の保護が強化されています。不正利用のリスクが低く、安全に使用できます。 ✔ 医療機関での利用: 病院やクリニックでの診察や処方箋の受け取りがスムーズに行えます。保険証代わりにスマートフォンを使用できるため、忘れ物の心配がありません。 ✔ オンラインショッピングの利便性: オンラインショッピングでの本人確認が迅速に行えるため、スムーズな取引が可能です。特に、高額商品や個人情報を必要とするサービスでの利便性が向上します。 これから需要が増えてくる スマートフォンにマイナンバーカードの機能が搭載されることで、ユーザーの利便性が大幅に向上します。 2025年夏までには、この新機能が広く普及する見込みです。これにより、日常生活の多くの場面でスマートフォンが重要な役割を果たすようになります。たとえば、身分証明や公的手続きの簡略化、医療機関での利用、オンラインショッピングでの本人確認など、さまざまなシーンでの活用が期待されています。 安いうちに購入しよう この新しい機能が普及する前に、安いうちに中古スマホを購入することを検討しているユーザーは、今が絶好のチャンスです。 需要が高まる前に、中古スマホの価格は比較的安定しており、手頃な価格で購入できる可能性が高いです。特に、最新機種や高性能モデルは、将来的に価格が上昇することが予想されますので、早めに購入することをお勧めします。 弊社人気機種の最安値商品を紹介 弊社では、さまざまな人気機種の中古スマホを取り扱っております。 おすすめ機種 最安値 おすすめ理由 iPhone 12 Pro 65,800円〜 性能とデザインのバランスが取れたiPhone 12 Proは、依然として高い人気を誇ります。最新のiOSにも対応しており、マイナンバーカード機能もスムーズに利用可能です。 iPhone SE(第2世代) 15,013円〜 コストパフォーマンスに優れたiPhone SEは、初めてのスマホにも最適です。小型で使いやすく、必要な機能が揃っており、リーズナブルな価格でお求めいただけます。 iPhone 11 25,800円〜 バッテリー持ちが良く、カメラ性能も優れたiPhone 11は、中古市場でも人気が高い機種です。マイナンバーカード機能を活用するのにも十分なスペックを持っています まとめ スマートフォンにマイナンバーカード機能が搭載されることで、私たちの日常生活はさらに便利になります。 これから需要が増える前に、中古スマホを賢く購入することで、コストを抑えつつ最新の利便性を手に入れることができます。 弊社では、豊富なラインナップとお得な価格で、お客様に最適なスマートフォンをご提供しております。ぜひ、お早めにご検討ください。 FAQ Q1.マイナンバーカード機能搭載のスマホはいつから利用可能ですか? 2025年夏までに広く普及する見込みです。 Q2.中古スマホでもマイナンバーカード機能を利用できますか? はい、最新のiOSに対応している機種であれば利用可能です。 Q3.スマホでの身分証明は安全ですか? はい、高度なセキュリティ対策が施されており、安全に利用できます。 Q4.どの機種がおすすめですか? iPhone 12 ProやiPhone SE(第2世代)など、性能と価格のバランスが良い機種をおすすめします。

iPhone 13 mini 中古の魅力

中古のiPhone 13 miniは、コストパフォーマンスと持ち運びやすさのバランスが魅力です。 小さくてもパワフルなA15 Bionicチップを搭載しており、最新のiOSとの互換性もあり、性能面で新品と変わらない優れた体験を提供します。   では、iPhone 13 miniの魅力をもう少し詳しく見ていきましょう。 1.手頃な価格で高性能を提供 弊社では、iPhone 13 miniの中古品を非常にお求めやすい価格、55,560円〜提供しています。この価格で、新品を購入するよりも約30%のコストを削減することが可能です。 予算に配慮している方々には特におすすめの選択肢です。 ただし、ご注意ください。こちらの最安値は2024年5月20日時点のもので、価格は日々変動する可能性があります。予算に合わせた購入をお考えの方は、価格の変動にご注意しながら、ぜひこのチャンスをお見逃しなく。 2.小型で操作性抜群 iPhone 13 mini のサイズ感は、手の小さい方や片手操作を好む方にとって便利です。 5.4インチのディスプレイは、片手での操作を容易にし、通勤中や外出先での利用にも最適です。 また、このコンパクトなデザインは、特に女性や若年層のユーザーから高い評価を得ています。 iPhone 13 mini サイズ 高さ: 131.5 mm 幅: 64.2 mm 厚さ: 7.65 mm 重量: 140 g 3.お客様の声 実際にiPhone 13 mini 中古品を利用しているお客様の声を紹介します。 お客様の声:「iPhone 13 miniを使用していますが、片手でスムーズに操作でき、通勤中も扱いやすいです。中古でこの価格で購入できたので、とても満足しています。」 お客様の声:「通勤時には音楽を楽しむだけで、ゲームはしない私にとって、iPhone 13 miniは理想的です。サイズが手ごろで必要な機能を備え、日常使いにぴったりです。」 お客様の声:「iPhone 13 miniのサイズが気に入っています。ポケットに入れてもはみ出さないので、持ち運びが非常に便利です。また、iPhone SEよりもコンパクトで短いため、さらに取り扱いやすいです。」   iPhone 13 mini 中古品の在庫状況 現在、iPhone 13 mini 中古品の在庫は限られています。 この人気商品を手に入れるチャンスは今です。コストパフォーマンスに優れ、日常生活での使い勝手も抜群のiPhone 13 mini 中古品を、この機会にぜひお求めください。 早速、iPhone 13 mini 在庫チェック! まとめ iPhone 13 mini 中古品は、コスト削減と高い操作性を求めるユーザーにとってとっても魅力な商品です。 手頃な価格で高性能を提供し、片手での操作も快適です。 今すぐ在庫があるうちに手に入れましょう!   よくある質問: Q1: iPhone 13 mini 中古品のバッテリー状態はどうですか? A1: 弊社では、すべての中古品のバッテリー状態を記載しております。商品詳細画面に、下記のように記載しておりますので、ご確認ください。 『バッテリー〇〇%』 Q2: 保証はありますか? A2: はい、弊社では中古品にも1年間の保証を提供しています。万が一の故障や不具合があった場合でも安心してご利用いただけます。 Q3: iPhone 13 mini 中古品のカラーは選べますか? A3: 在庫状況により異なりますが、可能な限りご希望のカラーを提供できるよう努めています。 カラーからお探しください。 ホワイト レッド ブラック ブルー グリーン     Q4: 配送方法はどのようになっていますか? A4: 弊社では、迅速かつ安全な配送を心掛けています。通常、午後5時までのご注文で当日は発送します。なお、出荷時に追跡番号と確認ページもお送りさせて頂きます。

中古スマホを使って安くスマホデビューする方法

2024年、物価の高騰と円安が進む中、新品のiPhone 15 Proが税込159,800円から販売されるのは驚きです。スマホは現代社会で欠かせないアイテムですが、新品を購入するとなると高額です。 そこで、経済的にスマホデビューを果たす一つの方法として中古スマホの利用をお勧めします。この記事では、中古スマホを使って賢く、コストを抑えながらスマホライフをスタートする方法について具体的に解説します。  なぜ中古スマホがお得なのか? 価格の魅力 中古スマホの最大の魅力は、何と言ってもその価格です。新品の最新モデルと比較すると、価格は数分の一で済むことも珍しくありません。特に、発売から1年以上経過したモデルなどは、非常に手頃な価格で手に入れることができます。 たとえば、新品のiPhone 14はモデルによりますが、市場での初期価格は一般的に112,800円からです。しかし、中古市場ではiPhone 14が77,800円から販売されることが多く、新品価格に比べて約35,000円も安くなっています。  性能面での充分さ 最新のスマートフォンには多くの魅力的な新機能があります。しかし、日常生活で必要とされる基本機能は、数世代前のモデルでも十分に日常的な機能をこなします。LINEでのやり取り、ネットサーフィン、SNS利用、基本的な写真撮影など、通常使用においては問題なく快適に操作できるでしょう。 環境への配慮 新品を購入する代わりに中古品を選ぶことは、リソースの有効活用として意義深い選択であり、不要になったスマホを再利用することで資源の無駄遣いを減らし、環境保護に貢献します。特にヨーロッパの人々は環境保全に非常に熱心で、持続可能な消費を推進しています。彼らのように、中古スマホを選ぶことで私たちも地球への負担を軽減し、環境への意識を高めることができます。 格安SIMとの組み合わせ 格安SIMの基本 格安SIMとは、大手キャリアよりも低価格でデータ通信や通話サービスを提供するSIMカードのことです。月額料金を抑えたい場合は、中古スマホと格安SIMの組み合わせが理想的です。 おすすめの格安SIMプロバイダー 下記に各プロバイダの基本料金をまとめました。ご自身に合ったプランを選んでください。 プロバイダ名 基本料金 データ容量 おすすめ irumo(イルモ) ¥550/月 0.5GB とくにドコモ光ユーザーがオトク! mineo(マイネオ) ¥880/月 1GB 関西電力グループのオプテージが提供! Rakuten Mobile ¥1,078/月 1GB 貯まった楽天ポイントを月々の支払いに利用可能! IIJmio ¥740/月 2GB eSIM対応! UQモバイル ¥2,277/月 1〜15GB 速さを求める人におすすめ! LINEMO ¥990/月 3GB ソフトバンクのオンライン専用ブランド! ahamo ¥2,970/月 20GB docomoから新登場! イオンモバイル ¥528/月 1GB 全国のイオンの店舗対応可能! BIGLOBEモバイル ¥990/月 3GB YouTube などギガを気にせず楽しみ放題! J:COM ¥1,078/月 1GB J:COMのお得な特典・キャンペーンが多数! ※使用地域におけるキャリアの電波状況と、データプランの内容を確認することが大切です。 SIMフリー端末の利点 中古スマホの多くはSIMフリー端末であり、任意のキャリアのSIMカードを挿入して使用することが可能です。これにより、より柔軟にキャリアを選ぶことができ、長期的に見ても通信費を抑えることができます。   料金プランの見直し やはり、スマホの料金プランはいろいろあって選ぶのが難しいよね。特にスマホを始めたばかりのときは、どれを選べばいいのか悩みますね。ここでは、料金プランを賢く選ぶ方法を簡単に説明します。   コストを抑えるコツ 1. シンプルなプランからスタート 新しくスマホを使い始めたら、最初は基本的なプランから始めて、使い方に応じてプランを見直しましょう。 2. データ使用量のチェック 家や学校でWi-Fiが利用できるなら、外出時のみデータを使用する設定にして、データ料金を節約しましょう。 3. 通話料金の見直し 電話を多用する方は無制限通話プランが便利ですが、LINEなどのアプリを活用している場合は、そのようなプランが必要ないかもしれません。実際の通話使用量に基づいてプランを選びましょう。 自分のスマホ利用状況を正確に把握し、最初は必要最低限のプランを選ぶことで、無駄な出費を防げます。使用状況に応じてプランを調整するのが賢明です。   以上、初めてスマホデビューする方に向けて、コストを抑えつつ楽しく使う方法を紹介しました。少しでもお役に立てたなら幸いです。  

中古スマホの使い方の重要ポイントを簡潔に解説!失敗しないための購入ガイド

スマホは現代社会において、私たちの日常生活に欠かせない存在です。 多くの人がスマホを持ち、その数は年々増加しています。しかし、新品のスマホを購入するとなると、かなりの高額な出費になることもあります。 そのため、中古スマホに興味を持つ人が増えています。初めて中古スマホを購入する際には、いくつかの不安や疑問が浮かぶことがあるかもしれません。 ここでは、中古スマホを購入する際の不安やデメリット、メリット、購入時の注意点について詳しく解説します。 1. 中古スマホに対する不安 中古スマホを初めて購入する際、多くの人が不安を感じるものです。これは自然なことです。 特に、中古スマホの場合は、新品で購入する際とは異なり、「本当に使えるのか?」「保証が短いのではないか?」「価格は適正なのか?」といった疑問が浮かびます。 例えば、画面に傷がないか、内部の機能は正常か、バッテリーの持ちはどうか、なども気になるポイントです。 このような不安を和らげるためには、信頼できる販売店から購入することが重要です。また、購入前にしっかりと確認し、リファービッシュ品(工場で再調整された商品)などの選択肢を検討することも、不安を軽減する一助となるでしょう。 2. 中古スマホのデメリット 中古スマホにはいくつかのデメリットがあります。 まず、新品のスマホと比較すると、バッテリーの劣化が進んでいることが多いです。バッテリーの持ち時間が短くなっている可能性があり、長時間の利用には向かないかもしれません。バッテリーはスマホの重要な部分であるため、この点をよく確認する必要があります。 https://happinessnet.co.jp/batteryswap/ 次に、保証期間が短い、または保証がない場合もあります。新品のスマホは通常1年から2年の保証が付いていますが、中古スマホではこの保証期間が短縮されている場合が多く、保証がない場合もあります。このため、購入後に故障した際のリスクを考慮する必要があります。   最後、最新のOSや機能に対応していない可能性もあります。中古スマホは、すでに販売されてから時間が経っている場合が多く、最新のアプリやサービスに対応していないことが考えられます。例えば、特定のアプリが動作しなかったり、新機能が利用できなかったりすることがあります。 こうした点を考慮して、購入するスマホの機種やモデルを選ぶ必要があります。 3. 中古スマホのメリット 一方で、中古スマホには多くのメリットも存在します。 まず、価格が非常にリーズナブルです。新品のスマホは高価であり、特に最新モデルはかなりの高額になります。 しかし、中古スマホであれば、同じモデルでも新品よりはるかに安く購入できます。これにより、コストを抑えながらも必要な機能を持つスマホを手に入れることができます。 次に、中古スマホは既に使用されているため、信頼性が確認されていることもあります。 特に、中古市場で人気のあるスマホは、耐久性や品質が証明されている場合が多いです。長期間使われているスマホは、実際に多くのユーザーが使っており、その性能や品質が実証されています。このため、中古スマホは信頼性が高い選択肢とも言えます。 また、中古スマホを購入することは、環境にも優しい選択です。 スマホの製造には多くの資源が必要とされており、使わなくなったスマホを再利用することは、資源の節約と環境保護につながります。エコフレンドリーな選択をしたい方には、中古スマホの購入は良い選択肢となるでしょう。 4. 中古スマホ購入時の注意点 中古スマホを購入する際には、いくつかの注意点があります。 まず、信頼できる販売店から購入することが重要です。中古スマホ市場は広く、オンラインでもオフラインでも多くの販売店がありますが、評判の良い店を選ぶことで、品質の良いスマホを手に入れることができます。 特に、リファービッシュ品を取り扱っている販売店は、スマホの再調整や検査が行われているため、信頼性が高いです。 次に、購入前にスマホの状態をよく確認することが大切です。画面の割れや傷、バッテリーの劣化具合などをチェックしましょう。また、内部の機能が正常に動作するか、カメラやスピーカー、マイクなどが正常に動くかも確認することが重要です。スマホの内部がどのような状態かは目視では分からないため、信頼できる販売店での購入が重要となります。 さらに、SIMロックが解除されているかどうかも確認するべきポイントです。SIMロックがかかったままだと、自分の使いたいキャリアで使えない可能性があります。購入前に、SIMロック解除済みかどうかを確認しておくことが大切です。 https://happinessnet.co.jp/about-sim-free/ 5. 中古スマホの魅力と賢い選択 結局のところ、中古スマホの最大の魅力は「お得さ」と「実用性」です。 最新のモデルにこだわらず、スマホをシンプルに使いたい方には、中古スマホは絶好の選択肢です。 また、中古スマホを購入することで、新しいスマホの操作方法や機能に慣れるという楽しみもあります。例えば、初めてスマホを使う方や、子供用のスマホとしても中古スマホは良い選択です。 また、スマホの使い方や設定の方法に慣れることができます。新品のスマホを購入すると、高価であるために気軽に使えないということもあります。 中古スマホであれば、価格が手頃なため、気軽に使うことができます。これにより、スマホの操作に慣れることができ、次に新しいスマホを購入する際にも役立つでしょう。 中古スマホの購入には不安も多いかもしれませんが、しっかりと注意点を押さえてお得にスマホライフを楽しんでください。 信頼できる販売店から購入し、スマホの状態をよく確認し、自分に合った機種を選ぶことで、中古スマホのメリットを最大限に活かすことができます。 賢い選択で、スマホライフを充実させましょう!

中古スマホを長く使うコツ!バッテリー交換の最適なタイミングと選択基準

スマホのバッテリーは、充電する回数によって寿命が変わります。新しいスマホのバッテリーは、だいたい300から500回充電すると、性能が下がり始めます。フル充電してから全部使い切ることを1回と数えると、これがバッテリーの寿命の目安になります。 中古スマホを買う時の心配事 中古のスマホを買う時、バッテリーの寿命はとても重要です。前に使っていた人がいる中古スマホでは、バッテリーがどれくらい古くなっているかわかりにくいです。だから、買う前にちゃんとチェックしましょう。 バッテリーがどれくらい劣化しているか、買う前に確認する必要があります。購入前に、売っているお店にバッテリーの状態を聞くことが大事です。一部のスマホでは、設定メニューからバッテリーの健康状態を見られますが、この機能があるのは限られたモデルだけです。 下記画面を参考にしながら、バッテリーの健康状況を確認しましょう。 ①設定画面からバッテリーメニューをタップする。 ②バッテリー画面からバッテリも状態と充電メニューをタップする。 ③バッテリーの状態と充電画面の最大容量をご確認ください。 中古スマホを選ぶ時のポイント 中古スマホを選ぶ際には、バッテリーの最大容量を確認しましょう。 新品の時は100%の容量ですが、中古では90%や80%まで下がっていることがあります。 容量が大きく下がっていると、充電がすぐなくなり、使いづらくなるかもしれません。 バッテリー寿命を長くするコツ ⚫︎充電の仕方:バッテリーを0%にしないで、20%から80%の間で充電するといいです。 ⚫︎温度に注意:スマホを直射日光の下やとても寒い場所に置かないようにしましょう。 ⚫︎定期的なチェック:スマホのバッテリーを定期的にチェックし、必要なら専門家にメンテナンスをしてもらいましょう。 中古スマホの選択基準 信頼できる販売店を選ぶことが大切です。 中古iPhone専門店ハピネスネットは、品質にこだわって中古スマホを扱っています。バッテリーの状態もしっかりチェックされているので、安心して買えます。中古スマホを買うことを考えている人は、ぜひハピネスネットをチェックしてみてください。 中古スマホのバッテリーについて理解して、適切にメンテナンスをすれば、長く快適に使えます。買う前にはバッテリーの状態をチェックし、買った後は正しい使い方とメンテナンスでバッテリー寿命を延ばしましょう。中古スマホを買う時の不安をなくし、満足できる選択をしましょう。 質問があれば、いつでも相談してください。

Picky’s(ピッキーズ)にてハピネスネットをご紹介いただきました

Picky's(ピッキーズ)にてハピネスネットをご紹介いただきました。 【2022】Appleマニアが比較!iPhoneおすすめ機種人気ランキング|サイズやスペックを徹底解説 中古スマホはどこで買う?おすすめショップや選び方を解説!SIMやバンドを知らない人は要注意

iPhoneを中古で購入する注意点やメリットは?おすすめの選び方も徹底解説!

現在携帯電話といえば「スマートフォン(以下スマホ)」が主流となっていますが、なかでもiPhoneは日本のスマホシェア約56%を誇る人気のスマホです。iPhoneを始めとするアップル製品は毎年新型が発表され、iPhoneが好きな方は毎年買い替える方もいらっしゃるほどです。 そんなiPhoneですが、年々本体価格も上昇しており、新品よりも1世代前の中古品などを買い求める方も多くなっています。1世代前であればかなり綺麗な端末も多く、安く替えるためおすすめの購入方法となってきています。 ハピネスネットはiPhone専門の中古ショップで、年間15,000台近くの中古iPhoneを販売しています。買取から販売までハピネスネットが一貫して行っているため、低価格で高品質なiPhoneの販売が可能です。 今回は中古iPhone専門店だからこそわかる「iPhoneを中古で購入する注意点やメリット」をご紹介していきます。 中古のiPhoneを購入する際の注意点 できるのであれば綺麗なiPhoneを安く購入したいといった方も多いのではないでしょうか。また、中古品のiPhoneを購入することに不安がある方もいらっしゃるでしょう。 みなさんが懸念されるように中古品の中には状態の悪い端末もありますが、「注意すべきポイント」をしっかりと押さえておけば、安全かつお得にiPhoneを購入できるでしょう。まずは「中古iPhoneを使用するまでのチェック表」をフローチャート形式でご紹介しますので、端末の状態と照らし合わせ、使用までのイメージをしてみてください。 中古iPhoneを使用するまでのチェック表 中古品にはさまざまな状態のiPhoneが販売されており、「赤ロム」や「アクティベーションロック」、「SIMロック」などがあります。ここでは中古iPhoneを購入し、使用するまでの流れをわかりやすくフローチャートを用いてご紹介していきます。 まず、中古iPhoneの状態をチェックしてください。チェック項目の1つ目は「赤ロムか白ロム」のどちらかを確認することです。もしも、赤ロムだった場合は端末そのものが使用できないため、すぐに購入先に連絡してください。購入した中古ショップによっては、全額返金してくれるショップもあります。 チェック項目2つ目は「アクティベーションロック」の確認です。こちらも赤ロム同様、端末が使えないため、購入した中古ショップに連絡をしましょう。 チェック項目3つ目は「SIMロック」の確認です。中古市場にはSIMロックが解除されていない端末が流通しており、解除しなければ購入したキャリアでしか利用できません。そのため、キャリアを自由に選びたい場合は、購入したキャリアでSIMロックを解除する必要があるのです。 赤ロムやアクティベーションロックがかかったままで販売されているケースは稀で、もしもそういった端末を購入した場合は、上記で説明した対応を取ってください。 赤ロム iPhoneを含め、中古のスマホを購入した場合、稀に「赤ロム」と呼ばれている中古スマホが存在します。新品しか購入したことのない方に取っては聞き慣れないものでしょう。そもそもスマホを含めた携帯電話には、SIMカードを挿入する必要があります。このSIMカードには利用者の情報などが記録されており、挿入することでスマホを利用できるのです。 赤ロムと呼ばれるスマホは、元の利用者が料金の未払いや滞納をした結果、キャリアによって「ネットワーク利用制限」がかけられたスマホを「赤ロム」と呼ぶのです。そのため、この赤ロムスマホでは通話やデータ通信などが利用できなくなっています。 中古でiPhoneを購入すると稀に「赤ロム」を購入してしまう可能性があり、注意が必要です。 一方で、通常のSIMカードが取り外されただけのスマホを「白ロム」といいます。こちらは購入後問題なく利用できますので、ご安心ください。 ハピネスネットでは万が一購入後に赤ロムスマホになってしまった場合、期間は問わず保証をしていますので、安心して購入していただけます。 アクティベーションロック 赤ロム同様、中古スマホには「アクティベーションロック」がかかったままの中古スマホも存在します。アクティベーションロックとは、iPhoneやiPadが紛失した場合などにほかの人に使われないようにする仕組みのことです。 アクティベーションロックがかかっていると、Apple IDの入力とパスワードを入力しなければ使用できないため、購入しても使えません。 アクティベーションロックの中古iPhoneを購入してしまった場合は、Appleのサポートに連絡し解除してもらいましょう。ただし、解除には時間がかかるため、この点は理解しておかなければなりません。 ハピネスネットで販売しているiPhoneは「iPhoneを探す」をオフにしており、アクティベーションロックのかかっているiPhoneは販売していません。 解除方法は以下の手順で行います。 1.「設定」→「ユーザー名」をタップ 2.スクロール後に「サインアウト」をタップ 3.Apple ID パスワードを入力し「オフ」にする 4.「設定」に戻り、「一般」→「リセット」→「全てのコンテンツと設定を消去」を順にタップ IOSのバージョンによっては4.の手順が少し違う場合があるため、注意しましょう。これからiPhoneの売却を考えている方はアクティベーションロックを解除して売却してください。 SIMロック SIMロックとは、購入したキャリア以外で利用できないように制限されたスマホのことです。ほかのキャリアに乗り換える場合など、SIMロックを解除する必要があるのですが、この解除がされずに売却されたスマホがSIMロックされたスマホです。 なお、2021年10月1日からSIMロックを禁止する法律が施行されたため、現時点で販売されているスマホはSIMロックがかかっていない「SIMフリー版」となっています。しかし、法律が施行される前に販売されていたスマホはSIMロックがかかっている端末が多く、中古市場には多くのSIMロックスマホが流通しています。 SIMロックの解除は、購入したキャリアで解除する必要があり、購入者以外は店頭で解除してもらわなければなりません。その際、手数料として3,300円かかります。なお、自分が購入したスマホであれば、各キャリアのマイページからSIMロック解除の手続きができ、手数料は無料で行えます。 もしSIMロック版の中古スマホを購入した場合は、店頭に赴く必要はありますが、簡単に解除できますので、安心してください。売りたい場合、SIMロックを解除して売却すると、SIMフリースマホと同様の扱いになるため、SIMロックスマホに比べ買取金額が高くなります。 残債がある 中古iPhoneの中にはキャリアへの「残債」が残った状態で売却されたものもあります。残債が残っているかは購入するまでわからないため、将来的に赤ロムになる可能性があるのです。 新しいにも関わらず、相場よりも安いiPhoneには注意してください。                                   ハピネスネットでは、残債情報がチェックできるように商品詳細ページの「利用制限」の項目に記載しているので、安心して購入していただけます。ご自身で残債を確認したい場合は、以下のURLより確認できます。 ・docomo利用制限確認ページ ・au利用制限確認ページ ・softbank利用制限確認ページ 上記ページにてIMEI番号を入力し、「◯」であれば端末の支払いは終了しています。一方で「△」となった場合、端末の支払いは終了しておらず、支払いが滞ると赤ロムになる可能性があります。「✕」が出た場合、利用制限がかかっており利用できません。 各キャリアのネットワーク利用制限を確認する際に必要となる「IMEI番号」の確認方法は、次で紹介しています。 自分でIMEI番号を使ってスマートフォンの状態を知ることが出来る 先程紹介したiPhoneの残債を確認する方法が「IMEI番号」を調べることです。そもそもIMEI番号とはどういった番号なのでしょうか。 IMEI番号とは、「International Mobile Equipment Identifier(国際移動体装置識別番号)」の略で、各iPhoneにつけられている、国際的な識別番号の1つです。これは端末を識別する上で重要な番号で、15桁の数字で構成されています。1~6桁目は製造したメーカー・機種番号、7~8桁目は原産国、9~14桁目は個体ごとのシリアル番号となっています。最後の15桁目は、IMEIが正しいか検証するため文字が入っているのです。 IMEIは、不正に取得した端末(盗難など)の接続拒否や機能停止などに利用されます。中古で購入したiPhoneのIMEIをつかって、赤ロムや残債確認、アクティベーションロックの有無をキャリアに問い合わせ、調べられるのです。 またキャリアに問い合わせて調べる方法以外にも、以下の方法を使って調べられます。 ・iPhoneの設定から調べる ・SIMトレーから調べる ・Appleの専用ページから調べる iPhoneの設定から調べる場合は、「設定」→「一般」→「情報」→「シリアル番号」を探します。さらにスクロールするとIMEI番号等が確認できます。 また、SIMカードのトレーにもIMEI番号が記載されているので、設定から見る方法がわからない方はこちらで確認してください。 本体が手元にない場合は、Webブラウザでも調べられるようになっていす。 appleid.apple.com にアクセスし、Apple IDでサインインし、下にスクロールすると「デバイス」がありますので表示させるとIMEI番号が確認できます。 IMEI番号は3種類の方法で確認ができますので、調べやすい方法で確認してください。 バッテリーの容量 購入にあたって「電池の持ちが悪い」端末を購入したくない方がほとんどではないでしょうか?iPhoneをはじめスマホでは使用とともにバッテリーが劣化します。これは毎日使うためどうしようもありませんし、古いiPhoneではバッテリー容量が劣化しているものが多いのです。 もし中古iPhoneの動作確認ができるのであれば、「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」で確認できます。最大容量が減っているものは、バッテリーが劣化しているとの判断ができるので、動作確認ができる場合は、ぜひ確認してみてください。 とはいえ、動作確認ができるケースはあまり多くはありません。そのため、動作確認ができない場合は、中古ショップの本体説明カードなどを確認するしかありません。しかし、バッテリー残量の記載をしなければならないといった決まりはないため、中古ショップごとに記載内容は違ってきます。 ハピネスネットでは、バッテリー容量を明記しており、バッテリーの状態を把握した上で購入していただけるようになっております。バッテリーが気になる方は、参考にしてください。 端末の状態 中古品を買う上で最も気になるのは「端末の状態」ではないでしょうか?バッテリーなど目に見えない部分の確認はできませんが、画面の割れや塗装剥がれなどは目に見えるため容易に確認できるでしょう。 しかし、実際に使ってみなければボタン動作や画面表示はわかりません。そのため、中古のiPhoneを購入する際は、「端末の動作状態」が明記してある端末を購入したほうがよいでしょう。 ハピネスネットでは動作の状態を含め、品質でランク分けしています。品質ランクはSS~Jとなっており、以下では品質ランクの詳細をご紹介します。 ランク状態詳細SS未使用・付属品が全て揃っているもの ・使用されていない開封済みのものS新品同様・見た目には使用された形跡がないもの ・傷・汚れ・塗装ハゲがないもの ・動作確認のため複数回通電をしているA程度が良い・良好・液晶に傷がない ・良好な状態の美品 ・動作や機能に問題なしB多少の傷や汚れがある・傷・汚れ・塗装ハゲがあるが、使用には問題ないものC目立つ傷や汚れがある・目立つ汚れ傷・汚れ・塗装ハゲ・ヒビあり ・使用、動作には、問題ないものJジャンク品・故障により正常に動作しないなど通常使用不可 ・破損・汚れが酷いもの 上記6つのランクを本体表示に記載していますので、商品を選ぶ際の参考にしてください。 水没での故障 中古ショップで販売されるケースはほぼありません(ジャンク品としてはあり)が、オークションやフリマアプリで出品されているケースがあるものが「水没故障品」です。ジャンク品として取引するのであれば問題はないのですが、個人売買ではあたかも水没し使えないのにも関わらず、使用可能であるかのように出品しているケースがあります。 こうした商品を購入しないためにも、スイッチが入ることを確認できる画像や、水没シールが確認できる画像を掲載しているかを確認しましょう。画像がない場合は問い合わせる、または動かないものは返品できる旨を明確にし、購入してください。 中古スマホの人気 中古スマホの人気は年々高まっており、2020年には販売台数185万台に達し、前年度比13.5%増となっています。また、2021年度も204万台との予測がされており、順調に販売台数を伸ばしています。 下の図は、中古スマホの販売台数の推移とこれからの予測です。 引用元『株式会社MMM総研(中古スマートフォン市場規模の推移・予測(2021年9月)より)』 増加した傾向として、ECサイトやフリマアプリの参入によりオンラインでの取引が増えことと、SIMロックが禁止になったことが大きな要因であると考えられています。また、プライベート用と仕事用の使い分けや、お子様用iPhoneといった理由での購入も増えた要因の1つではないでしょうか。 昨今、新品の端末価格が上昇していることから、格安に購入できる中古スマホはこれからも市場が伸びていくと予想されているのです。 中古スマホのメリット 中古スマホはこれまでに紹介した注意点を意識しながら選ぶことと、しっかりとした中古ショップで購入することで、お得に購入できます。中古スマホを購入するメリットを2つほど具体例で示しつつご紹介していきます。 価格 中古iPhoneをはじめ、中古スマホの最大の魅力はなんと言っても価格でしょう。 中古市場の中には、未使用品を含め新品に近いものが多く存在します。これは、傷がつかないようにケースに入れたり、液晶保護フィルムなどをつけたりしている方が多いのも要因の1つでしょう。また、iPhoneなど毎年新しいモデルが発売されることも、中古市場に綺麗な状態のものが多い要因の1つです。 こうした美品にも関わらず、未使用品であっても開封しただけで新品価格よりも安く売られているものもあり、非常にお得に端末を手に入れられるのです。 ハピネスネットでは、商品の状態によってランクが別れており、購入する際の1つの指標となります。以下に新品とハピネスネットで販売されているiPhoneの例をご紹介します。 ・iPhone SE  AppleStore新品 iPhone SE 64GB レッド: 49,800円 ハピネスネットSSランク iPhone SE 64GB レッド: 39,800円  ・iPhone 13 mini AppleStore新品 iPhone 13 mini スターライト 256GB: 98,800円 ハピネスネットSランク iPhone 13 mini スターライト 256GB: 94,800円  このように、ハピネスネットのSSランク(未使用品)がAppleStoreと比べて5,000~10,000円安い価格となっています。そのほかにも多数のSSランクが販売中となっていますので、AppleStoreの新品よりも安く購入したい方は、ハピネスネットで購入してみてはどうでしょうか? 現状、新品で売られていない機種も手に入る 現在キャリアやAppleStoreでは、iPhone13シリーズ、12シリーズ、11シリーズ、SE(第2世代)のラインナップとなっています。そのためラインナップ以外のiPhoneは新品で販売しておらず、購入することができません。 根強い人気を誇ったiPhone SE(第一世代)や指紋認証が搭載されたモデルなどでしょうか。しかし、中古市場にはすでに販売されていないモデルも豊富に流通しており、お気に入りだったiPhoneが壊れ、また同じものが使いたいといった方は、中古で購入することをおすすめします。 中古スマホのデメリット 一方で中古スマホにはデメリットもあります。やはり使用歴が長いものはそれなりに劣化が進んでおり、壊れる可能性は新品と比べると高いといえます。そのため、中古ショップでは保証が手薄となってしまうのです。 しかし、ハピネスネットでは下記で紹介しているデメリットについて、独自の対策をおこなっており、安心して購入していただける体制を構築しております。 端末保証が手薄になってしまう 中古スマホのデメリット1つ目は、端末保証が手薄という点です。 新品のiPhoneを購入した場合、1年間の保証が効きます。この1年間の保証は基本的に自然故障に対するもので、自身の不注意により落下し画面が割れたといったケースには適用されません。もしも自身の不注意によって破損した場合の保証をつけたいのであれば「AppleCare」に加入しなければなりません。 AppleCareは新品を購入後30日以内に加入しなければならず、中古のiPhoneを購入しても加入はほぼ不可能だといえます。なぜなら通常の売却は買い替えによる「不要になったiPhone」などとなるため、購入後30日を経過しているものがほとんどだからです。そのため、中古品は購入したショップの保証に頼らざるを得ないため、保証が手薄となりがちです。 ハピネスネットでは、他社よりも保証が充実しています。自然故障だけでなく、落下による画面割れやタッチパネル不良、バッテリー不良にも対応しており、購入後1年間の保証が無料で付帯しているのです。保証対応では、購入時の同等品と交換または返金となっていますので、中古を買ったとしても新品に近い保証を受けられるようになっています。 その他の保証項目として、購入後に赤ロムになった場合は期間を問わず保証しており、中古ショップの中では群を抜いた保証体制を構築しています。 バッテリーの劣化 中古スマホのデメリット2つ目は、バッテリーの劣化です。 iPhoneだけでなくすべてのスマホに同様のことがいえますが、使用するたびに少しずつバッテリー容量は消耗していくものです。そのため、中古品はバッテリー容量が減っているものがほとんどだといえます。この点においては、中古品では避けられない事象であり、どうしようもないといえるでしょう。 ハピネスネットでは、本体表示にバッテリー残量もあわせて表示するようにしています。「バッテリーの容量」でも紹介したように、本体の動作状況を確認できればよいのですが、ほとんどの中古ショップでは動作確認ができません。できるだけ本体に関する情報を知っていただくために「バッテリー容量」の表示を行っております。 ネットワーク制限がかかっている可能性がある 中古スマホのデメリット3つ目は、ネットワーク制限がかかっている可能性がある点です。 先述したように、「赤ロム」や「アクティベーションロック」がかかっている端末が中古スマホの中にはあります。これらのケースではスマホ自体が使えないため、購入者はこういった機種にあたった場合、しっかりと対処する必要があります。 赤ロムやアクティベートロックはIMEI番号で確認できるのですが、端末の電源を入れなければならないため、ネット購入時にはなかなか確認ができないといった問題もあります。 しかし、ハピネスネットでは買取時にアクティベートロックがかかっていないかのチェック済みです。また、赤ロムに関しては、購入時に白ロムであったスマホが、赤ロムになってしまった場合には期間を問わず保証をしていますので、安心して購入していただけます。 iPhoneの購入方法 ここまで中古iPhoneを購入するにあたってのメリット・デメリットについて解説してきました。ここからは、より具体的にどのような場所で購入できるのか?について解説していきます。 購入場所によってもメリット・デメリットがあるため、ご自身で一番良いと思える場所で購入するための参考にしてください。 中古ショップ(オンラインショップ) 中古iPhoneの購入できる中古ショップ1つ目は、オンラインショップです。 オンラインショップは実店舗を持たずに営業している店舗が数多くあります。店舗を持たないため、家賃代などの固定費がかからず、その分iPhoneを高く買取したり、他店よりも安く販売できたりするのです。これはオンラインショップだからできる販売方法だといえます。 また、多くのオンラインショップでは全国対応しているため、取り扱っている商品数は実店舗に比べると多くなる傾向にあります。安くて商品のラインナップも多いオンラインショップは、利用者にとって購入するモデルの選択肢が広がるのではないでしょうか。 一方で、オンラインショップならではのデメリットもあります。オンライン上でしか商品を確認できないため、実物を確認することができません。また、ショップ側が実物と違う画像を掲載していれば、商品が到着するまでわからないことも十分にありえるのです。しっかりとしたショップは適正な運営をしているのですが、未だに悪徳業者が存在しているのも事実です。 オンラインショップは基本的に24時間購入することができ、店舗によっては当日発送対応をしているショップもあります。ハピネスショップは17時までの注文で、当日発送が可能となっています。 中古ショップ(実店舗) 中古iPhoneの購入できる中古ショップ2つ目は、実店舗です。 中古スマホを購入する際は、ボタンの押し具合や、液晶の確認など実際に触れたり、見たりしなければわからないポイントは多くあるでしょう。実店舗で購入する最大のメリットは、実物を触り動作確認ができる点ではないでしょうか。                                                また、突然電源がつかなくなったなどの故障で急を要する場合、即入手できる点は実店舗ならではのメリットです。 一方、中古ショップのデメリットは2つあります。 1つ目のデメリットは「WEBで買うより高いことが多い」点です。基本的に中古ショップはECショップに比べると割高となっています。なぜなら、店舗運営コストや人件費がかかるため、こうしたコストを販売価格に添加せざるを得ないからです。効率的にネットで販売し、販売価格も抑えられるECショップとの大きな違いであり、デメリットだともいえるでしょう。 2つ目のデメリットは「お店まで足を運ぶ必要がある」点です。自宅近くに中古ショップがない場合、そこまで足を運ぶ必要があり往復にかなりの時間がかかってしまいます。また、価格の比較も店舗から店舗へ移動する必要があり、かなりの労力がかかってしまいます。 安くて状態のよい端末が欲しい方は、中古ショップよりもラインナップが豊富で価格の安いECショップの方がおすすめです。 フリマアプリやオークションなどの個人売買 中古iPhoneの購入できる中古ショップ3つ目は、フリマアプリやオークションなどの個人売買です。 近年ではその手軽さから、フリマアプリやオークションなどの個人売買が活発化し、中古スマホ市場を牽引しています。また、フリマアプリではチャットを利用した値下げ交渉、オークションでは入札による値付けなどが容易に行えるのも最大のメリットだといえるでしょう。また、商品検索によって希望するモデルや色を簡単に探せるようになっており、多くの出品物から掘り出し物を見つける楽しみがあるのも個人売買のメリットです。 一方デメリトットとしては、売買のハードルが低いためトラブルが多く発生している点です。一概にはいえませんが、悪徳業者が少なからず入りこんでおり、赤ロムやアクティベーションロックがかかっているにも関わらず、正常稼働品として出品しているケースもあります。 また、個人売買のためノークレーム・ノーリタンとしている取引が多くみられ、保証がほぼない状態で購入するなどリスクのある購入の仕方だといえます。 よい出品者から購入できればよいのですが、こういった悪徳業者から購入してしまうケースも有り得るため、トラブルになった際は非常に面倒になります。手軽に利用できる反面、こういったデメリットがあることをしっかりと理解しておきましょう。 まとめ 今回はiPhoneを中古で購入する際の注意点やメリットについて深堀りし、おすすめの選び方についてもご紹介しました。 中古iPhoneを購入する場合、端末の選び方や、店の選び方次第で新品に勝るメリットがあるとおわかりいただけたのではないでしょうか?iPhoneは熱狂的なファンも多く、毎年新モデルごとに買い替えるといった方も珍しくないため、新型が発表された後では中古市場にも多くの1世代前のモデルとなった美品が多く流通します。 そういったタイミングを見計らって、中古iPhoneを買うのもありなのではないでしょうか。 ハピネスネットでは他店に比べ、買取時に17のチェック項目で検品し、保証体制も万全に整えております。また、新品同様のSSランクが新品よりも安く購入いただける価格となっています。中古iPhoneを購入される際は、ハピネスネットを利用してみてはどうでしょうか。

iPhoneを本体だけ購入する方法は?安く買ってお得に機種変更するやり方を解説!

現在多くの方が所有している「スマートフォン(以下スマホ)」ですが、キャリアで購入している方もまだまだ多いのではないでしょうか?なかでもiPhoneは若者を中心に人気のあるスマホとなっており、新品のみならず中古品の需要も徐々に高まっています。 これまでiPhoneを含めたスマホには「SIMロック」と呼ばれる、購入したキャリアでしか使えないといった制限がかけられていました。ところが、総務省によって2021年10月1日からSIMロック解除(SIMフリー)を義務化とし、どのキャリアでも使えるようにしたのです。 これは国として、ユーザーがキャリアを自由に選択することを推奨している表れでもあります。今後本体だけを購入し、キャリアを自由に選択すると言った購入方法が増えていくと考えられます。こうした背景もあり、今までは契約しているキャリアやAppleStoreで購入していた方が、ほかの購入方法を選択する可能性が増えていくでしょう。 そこでこの記事では「スマホをどこで買えばいいかわからない」といった方向けに、本体だけを購入する方法を中心に解説していきます。   購入方法 国がSIMロックを禁止したことにより、ユーザーにとっては購入方法の選択肢が広がりました。そのため、以前からキャリア変更を考えていた人にとって、SIMフリー化は朗報ではないでしょうか。しかし、なかにはSIMフリーとSIMロックの違いは何なのか?わからない方もいらっしゃるでしょう。 そこで、購入方法を詳しく解説する前に、そもそも「SIMフリー」について説明します。 SIMフリーとSIMロックの違い ここではSIMフリーとSIMロックの違いについて解説していきます。ではそもそも、SIMフリーとSIMロックの違いとは一体何なのでしょうか? 違いは以下のとおりです。 SIMフリー:購入後どのキャリアでも使用可能 SIMロック:購入したキャリアのみで使用可能 スマホを始め携帯電話にはSIMカードを挿入する必要があります。SIMカードには、電話番号や契約情報が記録されており、SIMカードを挿すことで通信や電話ができるようになるのです。 2015年以前に販売されていたほとんどのスマホには、購入したキャリアでしか使えないようにSIMロックがされていました。一方SIMフリーとなっているスマホは、購入したキャリアでしか使えないといったことがありません。本体を購入したのち、キャリアを自由に選べるため、ユーザーはさまざまなキャリアを利用できるようになっています。 しかし、中古市場には現在SIMフリー、SIMロック両方の本体が流通しているため、注意が必要です。2021年10月1日からSIMロックが禁止されたこともあり、基本的には新品のスマホがSIMフリーとなりました。また、市場に流通している中古品の一部にはSIMロック解除されていないものもあるため、すべての中古品がSIMフリー化されているわけではないことを覚えておきましょう!   iPhone 本体の購入方法 現在スマホ市場は「Android端末」と「Apple(iPhone)端末」が二分する形となっています。しかし、Android端末は複数のメーカーが販売しており、実質はAppleが一人勝ち状態となっています。 また、Apple製品はPCとの連携が良く、サードパーティー製のスマホケースなども豊富で、若者からも支持された人気の高い端末となっています。 そんなiPhoneを本体のみ購入する場合、購入方法は以下の2つとります。 新品を購入する 中古品を購入する iPhoneの新品は年々高額となってきており、なかに新品に比べ安価に購入できる中古品を選択する方もいらっしゃるようです。そこで以下では「新品の購入方法」と「中古品の購入方法」の2パターンを解説しています。 まずは新品の購入方法から解説していきましょう。 新品を買う iPhoneの新品を購入する場合、一般的に3種類の購入方法があります。 AppleStore キャリア 家電量販店 以下では購入金額の違いや、購入方法ごとのメリット・デメリットなどを詳しく解説しています。キャリア以外で購入したことのない方は、ほかの購入方法について学んでみてください。 では早速「AppleStoreの購入方法」から詳しく解説していきます。 AppleStore AppleStoreで購入する場合のメリット・デメリットは以下のとおりです。 メリット→端末を購入日当日に受け取れる、実機を触って判断できる、キャリアで購入するよりも安価に購入できる デメリット→予約をしないと入れないことがある、在庫がない場合がある まず店頭購入のメリットとしては、店頭で購入するとオンラインでは確認できない、実際の使用感や、在庫があれば当日に持ち帰りができるでしょう。またAppleStoreは直営店ということで、キャリアに比べ安価に購入できます。 一方デメリットとしては、現在新型コロナウイルスの対応で、入店するために予約が必要となっているケースがあります。そのため、予約なしで来店が難しくなっているのです。また、希望する色やケースが店舗では在庫切れとなっているが、他店舗にはあるといったこともしばしばあります。 オンラインショップは店舗で購入する場合のメリット・デメリットに加え、以下のメリット・デメリットがあります。 メリット→在庫が豊富 デメリット→手元に届くまで時間がかかる 店舗では複数商品を取り扱うため、在庫にも限りがあります。しかし、オンラインショップでは店舗に比べ多くの在庫を準備しているため、店舗では在庫切れだったが、オンラインショップには在庫があったといったケースもあるのです。 オンラインショップでは。在庫確保から発送、到着まで少し時間がかかってしまう点が、デメリットだといえるでしょう。 iPhoneの本体のみを購入するのであれば、AppleStoreは購入時のデメリットも少ないため良いのではないでしょうか。 キャリア スマホの購入方法として、最も多い方法は「各キャリア」で購入するパターンでしょう。 キャリアが販売するiPhoneはAppleStoreで購入するよりも本体価格を割高に設定しています。本体価格が割高と感じないようにアップグレードプログラムなどを導入し、月額費用を低く抑えられるようにしているのです。 各社名前は違いますが、アップグレードプログラムは一見お得にみえて、意外とそうでもないのです。なぜならプログラムに加入するための条件が設定されており、月額300円のプログラム利用料や、割賦契約と指定されているプランに加入する必要があるからです。アップグレードプログラムを利用すると本体価格は安くなりますが、プラン料金が高いため、一概にお得とはいえません。 3大キャリアや楽天モバイルなどでiPhoneを購入後、そのままプランを契約している方も多いのではないでしょうか? しかし、実際にはiPhone本体のみを購入だけでも問題ありません。 ここでは「iPhone13 128GBの本体価格が、各キャリアによってどれくらいの価格差があるのか?について、以下の表にまとめてみました。   docomo au softbank 楽天モバイル AppleStore iPhone13 128GB 111,672円 115,020円 115,920円 98,800円 98,800円 上記のようにAppleStoreが最安値となっています。3大キャリアはAppleStoreと比較すると、約12,000~15,000円程度高いことがわかるでしょう。唯一、楽天バイルのみがAppleStoreと同額となっています。 比較表では、3大キャリアの本体価格は高いですが、アップグレードプログラムを利用すると本体価格が実質半額程度まで下がるケースもあります。しかし、先述したようにプラン料金が高いため、本体価格の安さだけを見るのではなく、プラン料金を含めた金額で比較したほうがよいでしょう。 家電量販店 家電量販店も購入方法は、店舗とオンラインショップ2種類の購入方法があります。家電量販店では三大キャリアやSIMフリー版の本体を購入できるようになっています。 家電量販店の店舗では、各キャリアの店員が配置されており、実際のキャリア店舗と同じような購入方法を選択できます。自分で設定が難しいといった方は店舗で購入されるとよいでしょう。また、オンラインショップでは、SIMフリー版を自宅にいながら購入できるようになっており、初期設定などを自分でできる人向けの購入方法となっています。 家電量販店で購入すると、独自のポイントが付与されるケースがほとんどで、iPhoneを購入しつつ、ポイントももらえるため、お得に購入することができるのです。 中古品を買う方法 iPhoneは根強い人気があり、中古市場に多くの中古品が流通しています。しかし、なかには中古品を購入することに抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、中古品のメリット・デメリットについて解説しましょう。 中古品を購入するメリットは以下のものが挙げられます。 新品よりも安く購入できる 新品では販売されていないモデルを購入できる まず中古品の魅力は販売価格でしょう。本体の状態にもよりますが、最新モデルでも未使用品は1万円程度安く[A1] 、数世代前のモデルであれば2万円台で購入できるのです。また、気に入っていた数世代前のモデルを購入したい場合、新品では販売されていないケースも多々あります。そこで、中古品を購入するといった購入方法もあります。 一方で中古品にはデメリットもあります。デメリットは以下のものが挙げられます。 端末に不具合が生じているケースがある 保証が手薄 中古品では状態が一番気になる部分ではないでしょうか?なかには正常に動くものの、バッテリーの劣化により稼働時間が短かったり、赤ロム(ネットワーク利用制限がかかったスマホ)があったりします。こういった部分は実際に電源を入れ、使ってみなければわからない部分となりデメリットだといえます。 中古品の購入方法としては以下の4種類があります。 中古ショップ 個人売買 格安モバイル 認定整備済み製品 これら4種類の購入方法について、詳しく解説していきます。 中古ショップ 中古品を販売しているショップでは、店舗のみの販売、オンラインショップのみの販売、店舗とオンラインショップの併売の3種類の販売形態となっています。 そこで、販売形態ごとのメリット・デメリットをご紹介していきましょう。 店頭販売のメリット・デメリットは以下のものです。 メリット→悪徳業者が少ない デメリット→在庫が少ない まず店頭販売では、実物が陳列されているため、その場で欲しいスマホがあれば購入できます。 一方で、在庫が少ない点がデメリットだといえるでしょう。店舗では来店する利用客も限られるため、どうしても店舗販売では在庫を少なくしなければならないのです。 次にオンラインショップのメリット・デメリットについてご紹介します。 オンライン販売のメリット・デメリットは以下のものです。 メリット→販売価格が安い業者が多く、在庫も多い デメリット→悪徳業者も多い オンラインショップのメリットは、店舗の家賃など維持費がかからないため、本体価格を安く設定できる点です。また、オンラインショップは日本全国のお客様に販売をしているため、多くの在庫を持っているショップが多く、種類も豊富です。 一方のオンラインショップはネット上でしか本体確認ができないため、動作確認のできない点もデメリットだといえます。そして最大のデメリットは、悪徳業者も多い点です。先述したように、オンラインでは動作確認などができません。なかにはSIMロックが解除できるなどといいながら、実際にはSIMロック解除ができないスマホを売るなどといったケースもあるようです。 ハピネスネットはiPhoneの中古品販売に特化したオンラインショップで、累計15,000台の販売実績を誇ります。年間の買取台数も10,000台にのぼり、買取ったiPhoneをオンラインショップで販売するため、在庫も豊富にあります。 また、オンラインショップで懸念される品質に関しても入念にチェックしています。ハピネスネットの品質チェック項目は17項目あり、動作チェックを入念に行っています。万が一購入後に赤ロムとなってしまった場合、購入後の期間は問わず保証をしていますので、安心して利用できます。 オンライショップでは送料がかかるケースもよくありますが、ハピネスネットでは振込時の振込手数料・送料・代引き手数料が無料となっています。 個人売買 中古スマホは、フリマアプリやオークションでも売買できます。ここでは個人売買のメリット・デメリットについてご紹介します。 個人売買では以下のメリット・デメリットがあります。 メリット→価格交渉ができる デメリット→スマホの状態が確認しにくく、トラブル時の対応が面倒 個人売買のメリットは、価格交渉がしやすい点でしょう。フリマアプリでは事前に価格について交渉ができるため、思わぬ価格で購入できる可能性があるのです。 一方のデメリットは、個人間ということもありノークレーム・ノーリタンとしているケースが多く見られる点です。このように記載することで、もしも動作不良があった場合クレームを入れられないのです。そのため、個人売買には悪徳業者も潜り込んでおり、トラブル時の対応が非常に面倒だといえます。 個人売買では、中古市場価格より安く購入できる可能性がある反面、購入は完全に自己責任になるため、注意して購入する必要があります。 ECサイト ECサイトは新品のみ販売しているといったイメージがあるかもしれませんが、中古品も購入できます。しかし、ECサイトは業者に「売る場所」を提供しているだけで、トラブルがあった際は利用したECサイトが責任を取るわけではありません。そのため、ショップの評価を細かく確認するなど、トラブルを防ぐための対応はしなければならないでしょう。 ECサイトとして最大手のAmazonも中古スマホを取り扱っており「Amazon Renewed (Amazon整備済み品)」というサービスを展開しています。Amazon Renewedで販売されているスマホは、検査・修理・クリーニングが行われた後、テストに合格したものが購入できるのです。また、購入したスマホに満足できない場合、購入後180日間以内であれば、交換または返金してもらえます。 販売台数は少ないですが、新品同様のiPhoneを安く購入したい方にとっては、お得に購入できるサービスとなっています。   本体だけを買うメリット ここまでiPhoneを新品、中古品それぞれどういった購入方法があるのか解説してきました。ここからは、本体だけを買う場合、どのようなメリットがあるのかについて3つご紹介します。 大手のキャリアで買うより安く買える キャリアを自分で選べる 月額料金が抑えられる 本体だけを購入すると、安く買えるだけでなく、月額利用料金も下げられるなど、多くのメリットがあります。まずは「キャリアで買うより安くなる」から順に解説していきます。 大手のキャリアで買うより安く変える 先でご紹介した「キャリア」で価格比較をしましたが、3大キャリアは本体価格が高めに設定されています。しかし、月々の支払を抑えつつ、新しいiPhoneを購入できる「アップグレードプログラム」などを用意し、お得に買えるような施策を行っているのです。 アップグレードプログラムを利用するためには、キャリアの指定するプランに加入する必要があり、トータルで考えると割高になってしまうのです。そもそもキャリアの利用料金は高めに設定されているため、AppleStoreで本体だけを購入したほうが安くなります。 キャリアを自分で選べる 現在3大キャリアだけでなく、格安SIMの参入で利用者の選択肢は大きく広がりました。そのため、利用するキャリアに何を求めるかは人によって違います。なかには動画を多く見るためデータ容量は多い方がいい方や、外出時はほとんど使わず、家ではWi-Fiを利用するためデータ容量は少なくていいといったように、使い方によって選び方は違ってくるものです。 また、サービスや料金プランで選ぶなど、選び方は千差万別だといえるでしょう。 このように、キャリア以外で本体を購入することにより、自分の使い方に合ったキャリアが選べるようになります。 格安SIMと一緒に使うことで月額料金が抑えられる 格安SIMを利用することで、月額料金が抑えられるのは周知の事実ではないでしょうか?そもそも、スマホの月額料金は実質「本体価格÷使用期間」に月額のデータ通信料金を合算することで計算できます。どうしても、スマホの本体価格が高くなると、月々の支払が高くなってしまうのです。 スマホの利用が1台であれば、月額利用料金が1,000円程度高いとしても問題ない額かもしれません。しかし、家族4人で使うとなると、4,000円のUPとなってしまい侮れない金額となるでしょう。なぜなら、格安SIMを利用すると4台でデータ通信料が4,000円で済む可能性があるからです。 また、現在では本体だけを購入した方が安く購入できます。3大キャリアは本体価格を高めに設定しており、本体価格を使用期間で割ると、非常に割高になってしまうからです。端末の価格を抑えつつ、データ通信料金を格安SIMで替えることで月額利用料を抑えられるようになります。 昨今、格安SIMの選択肢が広がっており、昔に比べスマホを安く利用できるようになってきています。本体だけを購入するのではなく、今まで利用していたiPhoneを売却するとさらにお得に本体を購入できるでしょう。 次の見出しではiPhoneをお得に買い替える方法をご紹介しましょう。 手元のiPhoneを売ってもっとお得に 端末価格を抑える方法の1つとして、今持っているiPhoneを売り、新しい端末購入費用にあてることです。大抵の場合、古いスマホは使うことなく押入れなどに眠っているケースが多いのではないでしょうか?せっかく使えるスマホを眠らせておくのはもったいないです。 また、iPhoneが壊れたため買い替えるといった方も、売却を考えた方がよいかもしれません。ハピネスネットでは、壊れているiPhoneでも買取をしています。画面が割れていたり、ホームボタンが押せなかったりする場合でも問題ありません。 ハピネスネットでは、自身では買取ってもらえないと判断してしまうようなiPhoneでも買い取れるケースが多いのです。また、なかには画面が割れていても自分で直して使う方もいらっしゃるため、壊れていても買取ることができるのです。 iPhoneを買い替えるならお手元のiPhoneを売って、お得に買い替えましょう! 使い始めるまでの流れ キャリアで初期設定から、データ以降をしてもらっていた方は、本体だけを購入するのであれば、ご自身で設定をする必要があります。「とりあえず本体だけを購入したけれど、どうやって使い始めればいいのかわからない」といった方に向けて、本体を購入し実際に使用するまでの流れを簡単に解説していきます。 利用するまでは3つのステップを踏みます。 SIMフリーのiPhoneを買う キャリアで契約する データ移行 3ステップをクリアすると、iPhoneが使えるようになります。iPhoneを安く使いたい方はぜひ参考にしてください。 1.SIMフリーのiPhoneを買う まずはSIMフリーのiPhoneを購入しましょう。記事内で紹介している、いずれかの方法で購入してください。購入方法の詳細は以下のとおりです。 新品で購入する場合:AppleStore、キャリア、家電量販店 中古で購入する場合:中古ショップ、個人売買、ECサイト 新品で購入するのであればAppleStoreが一番安く買えるでしょう。また、中古品は保証がしっかりとしている中古ショップで買うことをおすすめします。中古品の場合、新型にも関わらず安いものは注意してください。なぜなら何かしらの不具合があるため、そのような価格になっている可能性があるからです。 SIMフリー版のiPhoneを手に入れた方は、次のステップに進みましょう! 2.キャリアで契約する 次にさまざまなキャリアの中からご自身の使い方にマッチしたキャリアと契約をしましょう。 利用方法ごとのおすすめのプランは以下のとおりです。 データ通信量が多い方(~20GB):ahamo、povo、LINEMO、楽天モバイルなど データ通信量が少ない方(~3GB):楽天モバイル、LINEMO、Y!mobileなど 基本的にはデータ通信量をどれくらい月に使うのか?電話をかけ放題にするのかによって選択肢が変わってきます。ご自身に合ったキャリアを見つけ、契約し、SIMカードをiPhoneに挿入してください。 データ移行 ここまで来たらもう少しでiPhoneが使えるようになります!データ移行の手順は以下のとおりです。 クイックスタートでデータ移行する場合 購入したiPhoneの電源を入れ、使用中のiPhoneの近くに置く Bluetoothをオンにし、新しいiPhoneに表示されているApple IDを確認する Apple IDが正しければ「続ける」を押す 新しいiPhoneに古いiPhoneの画面を中央に収める しばらくして「設定完了」と出れば設定完了 画面の案内に沿って設定を進める これらの設定が終了するとデータ移行が完了です。また、バックアップは以下の手順で行います。 iPhoneをWi-Fiに接続 「設定」→「ユーザ名」→「iCloud」をタップ 「iCloudバックアップ」をタップ 「今すぐバックアップを作成」をタップ バックアップが終了するまでWi-Fiを接続しておく これらの設定が終了したら、iPhoneが使える状態になっています。 まとめ 今回はiPhoneを本体だけを購入する方法や、安く買ってお得に機種変更するやり方についてご紹介しました。 以前は端末代金や利用料が高かったスマホですが、2021年10月からSIMフリー化が義務化され、本体だけを購入し利用者がキャリアを自由に選べるようになりました。また、この動きにあわせ格安SIMと既存のキャリアが新たな利用者を獲得しようと、利用料金もかなり低くなったのです。結果的に格安SIMなどを契約することにより、月額利用料を大幅に下げられた方も多いでしょう。 端末購入代金を更に下げたい方は、SIMフリーiPhoneの中古品購入がおすすめです。しかし、なかには中古=動作保証が手薄といった理由で敬遠されるかたもいらっしゃるでしょう。そういった方に「ハピネスネット」がおすすめです。 ハピネスネットは、中古iPhoneを取り扱う専門店です。買取からチェック、販売まで一貫して行っており、高品質で低価格なiPhoneを取り揃えています。保証体制もほかの中古ショップよりも充実しており、落下による画面割れや自然故障に対し交換または返金を無料でしてくれる1年保証付きです。 安心して使える中古を安く購入したい方にとって、ハピネスネットはおすすめの中古ショップです。

SIMフリーって何だろう???【難しくない解説】

最近よく聞く「SIMフリー」知ってるようで、知らない。役に立ちそうだけど??どうすれば??そんなあなたのために、イラストマシマシでご説明しちゃいますね! 1.「SIM」ってなんのこと? 通常、通信業者と契約しているスマートフォンの中にはカードが入っています。これが「SIMカード」です。SIMカードには個別にIDが記録されていて・・・ 通話や、インターネット(5G、4G、3G回線)に接続するには、原則、SIMカードがスマホに入っている必要があります。 2.「SIMロック解除」と「SIMフリー」 それでは、本題の「SIMフリー」とは何か?まずは「SIMロック解除」からご説明しますね! SIMロック解除 docomo、au、SoftBankなどで契約したスマホは、「SIMロック」端末といい、同じ通信会社のSIMカードしか使えません。これがロックがかかった状態のスマホです。このロックを解除した端末が「SIMロック解除」端末です。 SIMフリー そもそもSIMカードのロックがかかっていない端末を「SIMフリー」端末といいます。SIMフリー端末は携帯メーカーや家電量販店、通販サイトなどで販売されていますよ。 ちなみに、毎月の携帯代を安くしたいなら、「格安SIM」会社のSIMカードを契約するのもいいかも!音声通話対応のプランや、データ通信専用のプランなど、色々なプランを格安SIM会社が出しています。ぜひ調べてみてください! ※ハピネスネットではSIMロック解除済商品を「SIMフリー」のカテゴリーとして販売しております。大手携帯キャリア・格安SIMで問題なく使用可能です。 3.「白ロム」「赤ロム」って? 続いて、時折見かける「白ロム」と「赤ロム」についてです。聞き慣れない言葉ですが意味は難しくないですよ!わかりやすくご説明しますね! 「白ロム」とは? 白ロムとは、SIMが入っていないスマホかつ、SIMを挿せば問題なく通信できるスマホのことです。 「赤ロム」とは? 赤ロムとは、何らかの理由によってネットワーク利用制限がかかっているスマホのことです。もしご利用のスマホが赤ロム端末になった場合、その端末に紐づいたキャリアの回線は一切使用できません。(そのキャリアの回線を使用している格安SIMも同様に使用できません) 赤ロムになってしまう原因としては主に、 ・端末が盗品である ・端末が紛失扱いになっている ・前の持ち主が端末を分割払いで購入したが、代金の支払いが終わっていないなどがあります。 4.「SIMカード」のサイズについて SIMカードは機種によってサイズが異なります。ご注意ください。購入前に、スマホの取扱説明書や、格安SIMを提供している各事業者のサイトで確認しておきましょう。SIMカードサイズは、大きい順に標準SIM(miniSIM)、microSIM、nanoSIMの三種類があります。 nanoSIMmicroSIM標準SIMiPhone 5以降iPhone4siPhone4iPhone 3GSiPhone 3iPhone 5.SIMフリーまとめ いかがでしたか?SIMフリーについて簡単にまとめました。ハピネスネットでは、中古iPhoneご購入の際のご不明点等、ご質問をチャットボットにてお受け致しております。お気軽にお問合せくださいませ。

ハピネスネットの安心・安全保証

安心の
1年保証付き

詳細はこちら

徹底した検品、
安心動作保証

21項目の品質チェック済み。 Bランク以上は動作不良、 ひび割れなし! 美品多数で喜びのお声多 数頂いております!

品質チェックページはこちら

午後5時までのご注文で
当日発送

※土、日、祝日も当日発送させて頂きます。
※出荷時に追跡番号と確認ページもお送りさせて頂きます。

iPhoneスペック比較表

機種 タッチ決済 顔認証 指紋認証 高速充電
ワイヤレス充電
ポートレート撮影 ナイトモード撮影 5G対応
iPhone 5s
iPhone SE(第1世代)
iPhone 6/6 Plus
iPhone 6s/6s Plus
iPhone 7/7 Plus
iPhone 8/8 Plus
iPhone X
iPhone XR ●※人物のみ
iPhone XS/XS Max
iPhone 11
iPhone 11 Pro/11 Pro Max
iPhone SE(第2世代) ●※人物のみ
iPhone 12/12 mini
iPhone 12 Pro/Pro Max

ご利用ガイド

お支払い方法について

クレジット決済

VISA/JCB/MASTER/DINERS/AMEX

guide__contentsImg

Amazon Pay

Amazon.co.jpに登録された配送先情報(アドレス帳)やクレジットカード情報を利用してお買い物できます。
「Amazonアカウントでお支払い」ボタンから、Amazon.co.jpに登録しているEメールアドレスとパスワードでログインして、配送先とクレジットカード情報を選択するだけでお買い物ができます。

商品代引き(ゆうパック・ゆうメール)

代金引換手数料は弊社負担です

楽天ペイ(オンライン決済)

楽天アカウントでご購入可能です。

銀行振込

PayPay

配送について

ヤマト運輸株式会社、日本郵便

クレジット決済、Amazon Pay、楽天ペイ、銀行振込、PayPayはクロネコヤマト宅急便コンパクトでの発送になります。商品代引きは日本郵便になります。
全商品送料無料!当日発送、日時指定、返品可能!返品時送料無料!

品質ランクについて

SSランク「未使用品」

付属品を含め完全な状態のもの。使用されていない商品。未開封品含む。

Sランク「新品同様」

一見して使用された形跡がない状態。傷・汚れ・塗装ハゲなどがない状態のもの。動作確認の為、複数回通電を行っております。

Aランク「程度が良い・良好」

わずかな小傷、汚れがあるが比較的良好な状態の美品。動作や機能に全く問題がない。

Bランク「多少の傷や汚れがある」

傷・汚れ・塗装ハゲがあるもの。使用するには問題のない状態。

Cランク「目立つ傷や汚れがある」

目立つ傷・汚れ・塗装ハゲ・ヒビ割れはあるが使用、動作に問題がないもの。

Jランク「ジャンク品」

故障により正常に動作しない等、通常使用できない状態。破損・汚れがひどい状態。

ハピネスネットの商品について

安心の赤ロム永久保証

購入いただいた白ロムが万が一赤ロム化した場合、ご購入後の期間は問わず保証をいたします。

全商品1年保証つき

当店でご購入後、1年以内であれば画面割れ、自然故障、タッチパネル不良、バッテリー不良などの故障には全て対応いたします。

返品

お客様都合によるキャンセルはお受けしておりません。不良品に該当する場合は当方で負担いたします。

掲載記事について